週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
お気に入りブログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
新潟地震、リーダーは肉声を伝えよ。
新潟県中越地震の続報に心が痛む。

いま、午後6時のNHKニュースを聞き終わった。
地震の後片付けの疲れから、新たに2人が死亡し、
現在までの地震によると見られる死者の数が25人に達したとのこと。

地震の後片付けに疲れて2人死亡……、耳を疑ってしまった。
これが災害に備えて、さまざまなレベルで対策を取ってきたはずの、
日本においての出来事なのだろうか。

現地では、けがなどで2400人余りが手当てを受け、
10万人の人々が避難生活を送っているという。

食糧、飲料水についても十分行き渡らず、
昨日のテレビのニュースでは、朝食におにぎり1個――という映像も見た。
避難所においても毛布が不足しているという。

全体的に、真実、どのような状況なのだろうか……?

報道は、ときとして事実をオーバーにゆがめたりすることもある。
しかし、少なくとも死者やけが人の数は、間違いないように思う。

政府も必死――ではあると思う。
だから、安易に批判もしたくない。
テレビで、これでも政府の危機管理体制は、阪神淡路大震災当時に比べれば、
格段に進歩している――との識者のコメントも聞いた。

しかし、冒頭記述のように、
やっとの思いで地震から逃れたというのに、
後片付けに疲れて亡くなる方が出てしまうなんて……、
あまりにもひどい、いたましい話に思われてしまう。

政府は、真実、総力を上げて救援に尽くしてほしいと、そう願うしかない。
懸命にやっているのだろうけれど、
現実に食糧や飲料水、毛布が行き渡らないのは、
これまでさんざん災害対策が論議されてきたというのに、
まったく信じがたい「現実」のように思われてならないのだ。

                    ※※

被災地は、これから雨模様になるという。
明日の朝は、この秋一番の冷え込みとなるらしい。

                    ※※

多くのマスコミ、テレビ、コメンテーターといっしょになって、
「首相は……」とは言わない。内閣には担当相もいる。
政治の場のリーダーは、もっといる。

リーダーたちよ、もっともっと、被災地に、肉声を伝えよ。
もっともっと、奮闘せよ。


※Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-10-25 18:37 | 社会の問題、世相さまざま