週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
米大統領選とブログ。Yahoo!米国版に特集ページがアップ。
さて、米大統領についてのエントリーが続いてしまうのだけれど、
一つ前のエントリーで書き忘れたことがあって、ご容赦いただきたい。

それはYahoo!News・米国版、Election2004(大統領選挙特集)のページに、
ブログ特集(リンク集)が追加されたこと。(ちょっと前からアップされている。)
英語は私も苦手ではあるのだけれど、それにしても、
皆さまにもご覧いただく価値はあるかナ……と考えてみた。

<Yahoo!米国版/大統領選挙・ブログ特集>
・Yahoo!News(米国)=Election2004→Blog→
http://news.yahoo.com/electionsblog/

ご訪問いただければ、一目瞭然ではあるのだけれど、
一応、もう一歩踏み込んで紹介させていただきたい。
特集のリードに次のように書かれてある。

Election Blog Roundup

The blogosphere continues to expand. After receiving press credentials for both the Democratic and Republican conventions, blogs and the bloggers behind them are on the minds of political operatives everywhere. Faithful readers love the freewheeling opinion of blogs, while journalists and media watchdogs debate their influence on the process.

Our goal is to aggregate a diverse selection of political blogs and let you sample a variety of opinions as election season heats up.

要旨(意訳)は次のようになると思う。

「ブログのネットワークが拡大し続けている。
民主党、共和党の、それぞれの党大会において、大統領候補が正式指名を受けたあと、
ブログ、ブロガーたちは、どこにいても、政治の動向に関心を向けている。
ジャーナリスト、メディアが、ブログの選挙に与える影響を論じるようになったなかで、
意識の高い市民は、ブログのとらわれない、自由な意見に、魅力を感じているようだ。

そこで、この特集では、選挙の季節が熱を帯びるようにと、
政治に関わる種々の異なるブログを集めて、皆さまに、
さまざまな意見にふれていただくことを目的にした」

稚拙さ、英語と日本語のズレはご勘弁を。
(直訳ではなおさらしっくりいかなかったもので。)
でも、こんな内容のことを、ブログ特集の前振りにしていると思う。

                    ※※

日本で、いま、解散、衆議院選挙があったとして、
ブログがどれだけ注目を集めるだろうか……と、ふと考えてしまった。

先の参議院選挙においても、たしかにいくつかのブログは話題になったけれど、
でも、まだ社会全体に急拡大――とまでは行かなかったような気がする。

米国では、大統領選挙に与えるブログ、ブロガーの影響が、
論議されるほどになっていると、一応、記事からは読めるように思う。

さて、ラインナップされているブログだけれど、
あちこち開いてみたが、正直言って、私の語学力では睡魔に誘われる結果となった。
(もちろん、英語力さえあれば、リードのとおり、
ブログのさまざまな意見に触れることができるのは間違いなし。)

しかし、それでも何か、私も一人のブロガーとして、
これっておもしろいなあ、と思ったのだった。

                    ※※

これからも地道に、コツコツ、意見を書いていきたい。
とらわれず、自由に……、ネ。


※英語についてのご助言、歓迎します。^^
※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-10-10 22:14 | 米国はどうする、どうなる