週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
エドワーズ氏、Yahoo!の投票では圧倒。
7日午前8時30分。Yahoo!News(米国)を開いてみた。
昨日の副大統領候補同士の討論が、前回の大統領選挙における討論よりも、
かなり高い関心を呼び、米国のテレビ局合計で4360万人が視聴したとのこと。
15分ほど前の、ロイターの記事としてアップされている。
・Yahoo!:Cheney-Edwards Debate Draws 43.6 Million Viewers→
http://story.news.yahoo.com/news?tmpl=story&u=/nm/20041006/tv_nm/campaign_debate_ratings_dc&cid=597&ncid=1963&sid=96378800

Yahoo!によるチェイニー氏、エドワーズ氏の、
どちらが勝ったかを問う投票では、エドワーズ氏が61%(85970票)と圧倒。
チェイニー氏は34%(48394票)、タイは6%(8279票)。※午前8時45分頃。
・Yahoo!:Who won the Vice-Presidential debate?→
http://quiz1.polls.scd.yahoo.com/quiz/quizresults.php?poll_id=1245&wv=1

意外に「タイ」に投票している人が少なく、候補者のどちらかに投票し、
かつエドワーズ氏が優勢となっている。

明日8日、ブッシュVSケリーの第2回の討論が行われるけれど、
こうなってくるとわからない。

流れは逆転に向かいつつあるように見えるけれど、イラク情勢にも左右される。
また、共和党もみすみす手をこまねいて、民主党陣営の侵食を許すようにも思えない。

前回2000年の大統領選挙と同じく、「史上初めての接戦」が、
今回も同じように進行中。

                    ※※

コイズミ政権、外務省はブッシュ陣営の勝ちに、大きく張り込んでいるように見える。
仮にケリー氏が勝利したとしても、基本的な日米関係は、それは変化しないだろうとは思う。
ただ、言うまでもなく個別具体的な問題となれば、揺れる。

たとえば北朝鮮問題では、実は日本は、現在の米政府との
つながりをテコにして、北朝鮮を攻めている部分が、少なくない。
一方、イラク問題では自衛隊の撤退について、今の米政権では切り出しようがない。
米国の動向次第で、変化を余儀なくされる問題は、あまりに、あまりに大きい。

投票権を持たない米国の大統領選挙に、私たち日本人の将来も左右されてしまう。
よくも悪くも、それが現実…………と、とらえては間違いだろうか。
どっちにしても、私たちは生き抜くより、他にない。
頼りになるのは、自分たちの「知恵」だけだと思う。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-10-07 08:56 | 米国はどうする、どうなる