週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
「立法の精神」の言葉にイメージを広げてみた。
法律の話で「立法の精神」という言葉がある。
よく使われる言葉だと思う。

日本の場合、「判例」が重視され、法は時代に応じて、
状況に応じて、実に「柔軟」にも解釈されているように思われる。
また、法の不備、法が想定していない問題に直面した場合にも、
判例は法解釈の重要な根拠となっていく。

私は法律の専門家ではないのだけれど、
私なりに「立法の精神」とは何かについて、とりあえず述べるとすれば、
それは、その法律が本来、立法に際してめざした社会規範としての
理想、理念、目的であり、すなわちそれは、その法の原点ではないかと考えている。

ひらたく言えば、それは法の「つもり」なのだ。

だから、法解釈において判例に傾くとも、立法の精神を忘れてはならないのである。

                    ※※

●「立法の精神」の「立法」を、他の言葉に置き換えてみる。

前置きがおそろしく長くなってしまい、失礼。

なんで、こんな話を書き始めているのかと言えば、
私は、この「立法の精神」の「立法」が、
さまざまに置き換えることができるのではないか――と、ふと思い浮かんだから。

たとえば政治の場においても。
「政権の精神」、「政策立案の精神」、「人事の精神」……と。

そして政治を批判するには、前段として、
その立案者、決定者の精神を考えてみるのは、必要な作業だと思う。

                    ※※

●改めて「人事」の意図を考えてみる。

政権が、どのような「つもり」で、政策を構想し、実行していくのか……、
どのような意図で人事を行っているのか……。
それを考えると、マスコミなどが流行(はや)らせる視点とは
異なる感想をいだいてしまうこともある。

もちろん、私たちは被統治者なので、
統治者、為政者の視点に立つ必要などは毛頭なく、
厳しい監視の目を向ければそれでよし――とする考え方もあると思う。

それもそうなので否定はしないのだけれど、ただ、
その意図を理解せずに、批判ばかりして、こと足りるとは思えない。

                    ※※

●改造をめぐった「ドラマ」が伝えれていないのでは……?

さて、今朝の新聞に、共同通信が第2次小泉改造内閣発足直後に行った、
世論調査の結果が報じられた。

支持率は前回調査(今月11日)より4ポイント増の48・6%、
不支持率は8・4ポイント減の36・5%。

しかし、改造の顔ぶれ評価では「代わり映えしない」が34・8%、
「全く期待はずれだ」が17・1%と続いた。
共同は「改造効果は限定的」と見出しをつけた。

まあ、そんなところだろうなあ……とは思いつつ、
一方で、内閣改造の意図、とりわけ「精神」の部分を汲んでみたりすると、
どうなのだろうと考えた。

そしてさらに、今回の内閣改造をめぐって、
政権は何を争ったのか、争おうとしたのか……と。

たしかにドラはあったと、そう思う。
今朝、新聞をひとおり読んでみたのだけれど、
それをうまく伝えてくれていない。

                    ※※

たったこれだけのことが言いたくて、長々書いてしまった。
改造の精神――なにゆえ、こうした人事となったのか、
当の当事者たちは何を考えているのかは、<続く>。


※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-09-29 13:01 | 風雲急!政局と選挙