週刊!Tomorrow's Way
tomorrows.exblog.jp

テーマはその日の出来事、ニュースから。あと50年経てば、いまの時代、どう語られているのだろうか。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
メッセージ
「吾、汝の言に反対す。されど吾、汝の、その言を言うの権利、死に至るまで擁護せん」。学生時代に出会った言葉です。政治をめぐる意見に賛成、反対はつきもの。お互いを尊重しつつ、意見を述べ合いたいものです。 
・→関連エントリー
・→ブロガーズ・マナー
・→ステイタス&プロフィール
◆22万アクセスを突破!記事数644本(2007.3.16現在)

★★人気Blogランキング
よろしければ、ぜひクリックを!
カテゴリはニュース全般です。

・→BlogRanking

★厳選!情報ソース
※ニュースサイト、シンクタンクなどのリンク集。すごく便利ですよ!
(Seesaaに移転しました。)
★ブログ・リンク(excite以外)
※外部の相互リンクのページです。exciteブログはこのフレーム、下の方にあります。  
★中国古典の名言
※生き抜く知恵を古典に学ぶ。
以前の記事
カテゴリ
最新のトラックバック
フォロー中のブログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
内閣改造。さあ、闘いが始まった!
内閣改造が動き出した。
今日午後、コイズミ首相は安倍幹事長と会談した。
安倍氏はその席で、幹事長退任の意志を改めて伝えた。
その後に、記者から質問されたが、首相は明確にコメントしなかった。

                    ※※

●まず、3役人事で文句を言わせぬ決意を示した。

慰留もしたかったのだろうが、安倍氏がどうしても――と言うのならと、
条件を出したのではないか。
つまり、たとえば「ならば党3役の人事は、私(首相)の考えだけで決める。
党内を、それで納得せしめよ」――と、だ。

安倍氏が党内に帰り、いまも調整している。
夕方に、党の意思決定機関である、総務会が開かれ、
首相の、一任せよとの意向について、了承を迫る。

現在のところ、共同の速報などによれば、
夕方に再会談する予定になっている。

首相が3役人事、とくに幹事長人事で立ち往生しているなどと見るのは、
たぶん、まちがいだ。すでに、とっくのとうに、腹案を秘めている。

これまで伝えられているところでは、コイズミ首相は
出身の森派、森前首相、そして安倍幹事長などからも、
党役員人事、閣僚人事では、いわゆるサプライズ人事を控え、
挙党体制を築くよう迫られてきた。

それで、はいそうですか――と、言わないのではないか。

理由は、端的に言えば、首相は郵政民営化と刺し違いになっても、
目鼻をつけようと考えているからだ。

さて、抵抗勢力(実は、党内のほとんどが抵抗勢力と思うのだが)は、
こうした首相の攻め手に、どう石を打ち返すのか――。

                    ※※

●いま、はっきりしているのは、政策参謀の竹中氏のみ。

好き嫌いで、いまこのエントリーを書いてはいない。
参院選で小敗北したとは言え、コイズミ首相はどこふく風だ。
今回の「中二階」に対する挑発は、いつものような失言ではなく、
計算がひそんでいるように思われる。

いまのところ、人事で固いのは、竹中氏の閣内残留のみ。
郵政改革担当の大臣に横滑りと言われているが、
いずれにせよ、竹中氏は政策面では、首相の最後の参謀となってしまった。

あとは、まだ見えてこない。

内閣改造は27日だが、しかし、今日夕刻から、
一気に動くことになるかもしれない。

                    ※※

●福岡、古賀議員が辞職へ――。となると。

昨日からのニュースで、福岡、古賀議員が辞職するとのこと。
まったく手を焼かせるサギ師だと思った。
あのウソ泣きは、これまで数多く見てきた政治家の泣き方のなかでも、
もっとも気持ちの悪いものだった。不快極まりなかった。
ようやく辞めるという。

彼がなぜ、いまのタイミングで辞職するのかは、たぶん、
捜査の進展と、今後の保身、損得に関わっているのだろう。
それにしても、彼はこれまで歳費をもらい続け、さらに大勢の捜査員が
米国に派遣されるなど、その実害についてはたまったものじゃなかった。

ところで、彼の当選は、山崎拓前自民党副総裁の落選を招いたわけだけれど、
コイズミ首相にとって、山崎氏は数少ない、心の許せる「親友」。

選挙においても、山崎氏は当然、返り咲きを期するだろうが、
首相は今回の人事で、何か、考えるかもしれない。

いずれにしても、このことを含めて、あと数時間で、人事という闘いの幕が開く。

・参考→プチ総研;内閣改造は4日後!「森派支配」の確立なるか

●そんなに、静かに終わるはずはない。

好むと好まざるとにかかわらず、
民主主義とは、すなわちリーダーを選ぶ仕組みであり、
選ばれたリーダーによって、社会の行方、一人ひとりの人生が左右される。

また、政治では闘っていればこそ、権力に緊張感が生まれ、
その合理性も、最後の最後に失われない。

今回の改造劇も――、そんなに静かな、あたり前の結果に
終わらないような気がするのだが、それはコイズミ氏を
買いかぶって見ていることになるのだろうか。


さて、どうなるか――。以下、随時、続報の予定。

※よろしければ、今日もクリックを!→ Blog Ranking
[PR]
by yodaway2 | 2004-09-24 16:10 | 風雲急!政局と選挙